バックナンバー

  • 2016年1月29日:ニッポンのあと始末請負人③

(ゲスト)
中村獅童、森公美子 (※五十音順)

世の中にはモノのあと始末を請け負うプロがいる!▽羽田空港を世界一清潔な空港にしている掃除のプロ▽家電から船まで何でも買い取るプロ▽1日で仏像を蘇えらせる技とは?
▼汚れるそばから…世界一の空港のヒミツ
▼ピンクのドキンよろず金物引き取ります
▼衝撃の瞬間!コレが350年分の汚れだ
▼ここは譲れないたけしが拘るあと始末


汚れるそばから…“世界一の空港”のヒミツ

2年連続世界一「清潔な空港」に選ばれた、東京・羽田空港を取材!1日約20万人が行き交うニッポンの玄関口だけあってゴミがたくさん出るはずだが…フロアを見渡す限りゴミ1つ落ちておらず、トイレの中もピカピカに磨かれている。ナゼそんなに綺麗なのか?そこには、あと始末のプロ達がいた!総面積が東京ドームの約17倍の羽田空港を毎日500人の作業員が分担して清掃しているという…。最年少で「ビルクリーニング技能」日本一に輝いた業界のカリスマ的存在の女性に密着。羽田空港で“きれい”という最高のおもてなしをする作業員たちの清掃の極意に迫った!

ピンクのドキン!?“よろず金物”引き取ります

「電話1本!買い取り参上!その場で現金 土金です!」大阪でテレビをつけると流れているいかにもローカルなCM。「株式会社 土金」は金属がついているものなら何でも買い取り、電話1本でピンクのド派手なトラックに乗って依頼主のもとへ行き、その場で現金をくれるという。開業半年にも関わらず、年商見込みは2億円。通常は、捨てる際に処理費がかかるものでも買い取ってくれるのが人気のヒミツだ。そんな土金の仕事に密着すると、船の買い取りの依頼が…。一体いくらで買い取って、どうやってあと始末するのか?

衝撃の瞬間!コレが“350年分の汚れ”だ

掃除が難しいとされる仏壇や仏像を全国で唯一、出張サービスでクリーニングしてくれる業者があるという。その業者に密着すると、ある寺院から350年間放置されていたという仏像の掃除の依頼が…。従来、金箔をはり直すしかなかった繊細な仏像の修復を1日で終える仰天のワザとは?年商10億円、全国の重要文化財など、1000箇寺を手掛けるあと始末請負人に密着!

ページTOPへ