バックナンバー

  • 2016年3月4日:潰れない店にはワケがある!?⑤

(ゲスト)
大和田伸也、キムラ緑子 (※五十音順)

普段は、お客さんが数人しか来店しないが潰れない…そんな店の謎に迫る!トロフィー専門店・演歌専門CDショップ・ネジ専門店・年商12億円の青果店に密着!
▼もらって嬉しい!?学生街のトロフィー店
▼6坪で演歌専門!?下町のCDショップ
▼在庫は財宝!?オフィス街のネジ専門店
▼レトロな商店街で大繁盛!?青果店のヒミツ


もらって嬉しい!?学生街のトロフィー店

東京・高田馬場にあるトロフィー専門店「宮坂徽章」。店内には、トロフィー、カップ、盾など合計300個ほどの商品が並び、27万円のトロフィーや社交ダンスをしている人形が頭についたトロフィーなどバラエティー豊かな品揃えを誇る。1日4~5人程しか客が来ないというが、自社ビルを持つほどの儲かりっぷり…一体ナゼなのか?そのワケは、店が70年間培ってきたノウハウにあった!?

6坪で演歌専門!?下町のCDショップ

東京・錦糸町の駅前に昭和の香りが漂う渋い店を発見!その店は“演歌”を専門に扱うCDショップ・「セキネ楽器店」。6坪ほどの店内に入ると、演歌のCDが約3800枚、演歌のカセットが2000本ほど並ぶ。取材中、店には客が来る様子がなく、店長も暇そうにしているが、また違う日に店の前に行くと人だかりが…一体ナゼ?音楽不況の時代に年間約5000万円を売り上げる下町のCDショップの販売戦略に迫った!

在庫は財宝!?オフィス街のネジ専門店

東京・虎ノ門にある「ネジ」の専門店「三和鋲螺」。先端部分がドリルのネジやマイナス木ネジ、イタズラ防止ネジ、直径0,5ミリの極小ネジなど様々な商品が置いてあり、品揃えは国内断トツの3万種類を誇る。「売れないネジをメインに置いている」と店長は言うが、この店の年商は1億円越え!そのワケは、日本ではめったに購入できない“とあるネジ”にあった!

レトロな商店街で大繁盛!?青果店のヒミツ

東京・池袋にある「日出優良商店会」。シャッター街と化した商店街の中に、どこにでもありそうな、ごく普通の青果店を発見。その店の名は「やまかね」。創業150年にもなる老舗だが、1日に数人程度しかお客がやってこない…にも関わらず、会社としては黒字続きで年商は12億円だという。一体、ナゼなのか?その真相を探るべく、商品である野菜の行方を追跡すると驚きの事実が!

ページTOPへ