バックナンバー

  • 2016年4月15日:なぜ売れる!?世界が求めるニッポン食

(ゲスト)
シルビア・グラブ、厚切りジェイソン

日本のイチゴ・「マルタイ」のラーメン・鹿児島県の養殖ブリが外国人に人気のワケに迫る!また、アジア最大級の食の見本市に潜入!外国人バイヤーが狙う次なる日本食とは?
▼ニッポン人は知らない!?NIPPONみやげ
▼鵜の目鷹の目!ニッポン食で一山当てろ
▼WHYジャパニーズ!?外国人の好むツボ
▼イチ押しは「スブリ」!?元気な離島のヒミツ


<ニッポン人は知らない!?“NIPPON”みやげ>

①大型の観光バスが押し寄せる千葉県某所。バスから続々と外国人が降りてくる。彼らのお目当ては“イチゴ”。今、外国人(特にタイ人)の中ではイチゴ狩りが流行っており、日本のイチゴは大人気だというが、一体なぜ?

②東京・上野のアメ横にある「二木の菓子」。日本の食品が5000種類ほど揃うこの店は、連日外国人で大盛況。そんな店内で、人が群がる一角を発見!その中心にあるのは「マルタイ」のラーメン。一見、普通の即席麺だがナゼそんなに外国人に人気があるのか!?

<鵜の目鷹の目!“ニッポン食”で一山当てろ>

アジア最大級の食の見本市「FOODEX JAPAN 2016」に潜入!幕張メッセで行われ、4日間にわたり約8万人が来場するが、来場者は「食」のプロ!しかも外国人ばかり。日本の企業は海外進出への足掛かりを作ろうと1200近く出展しており、買い付けに来る外国人にとっても、売る側の日本人にとってもビジネス拡大の絶好の場として賑わっている。番組では「FOODEX JAPAN」に初参加の買い手と売り手に密着!外国人バイヤーが狙う“次なる日本食”とは!?

<イチ押しは「スブリ」!?元気な離島のヒミツ>

鹿児島県の小さな離島にある人口約1万人の長島町。主産業である漁業の輸出額は年間20億円ほどにもなり、養殖の鰤(ブリ)の生産量は日本一を誇る。ここで生産される鰤は、世界29の国と地域へ輸出されているというが、一体なぜ世界中で人気なのか?そのヒミツを探るべく、養殖から出荷までの過程に迫った!

ページTOPへ