バックナンバー

  • 2016年9月9日:なぜ売れる?大量消費を支える現場のヒミツ

(ゲスト)
北野大、渡辺えり (※順不同)

ヒットを支える現場の秘密!▽巨大外食チェーン工場は1万坪の台所!?▽知られざる業界ヒット商品▽通称「ベンサン」昭和の名品サンダルが進化!▽北野兄弟トーク
▼機械のチカラ+人のワザ!巨大外食工場
▼脇役なのに大量生産!?名もなきヒット商品
▼今なお売れ筋!?「ベンサン」のヒミツ
▼恒例の兄弟トーク!家に大量にあったモノ


<機械のチカラ+人のワザ!“巨大外食工場”>

全国におよそ3000店舗を展開する日本最大のレストランチェーンのセントラルキッチン。今回は1000人を超える従業員が働く巨大工場内部に潜入!この工場では人のワザと機械のチカラが融合し、効率的に料理を提供するための下ごしらえが行われている。大量の胃袋を支えるために、工場内にはあっと驚く様々な工夫が施されていた!老舗豆腐店の豆腐作りを忠実に再現するべく造られた豆腐製造機、出来立て豆腐の味はいかに。機械だけに頼らず、人のチカラを残すことで生まれる絶妙なワザの数々は必見。

<脇役なのに大量生産!?“名もなきヒット商品”>

愛知・豊橋市では人知れず大量生産されているヒット商品が存在した!ハウス栽培されていたのは、刺身の彩りを豊かにするのに欠かせないあの名脇役「つま菊」!一般には流通していないが、出荷数は年間約260万パック!名脇役には生産者のこだわりが詰まっていた。 一方、兵庫・篠山市では山間にひっそりと佇む工場で年間1億個以上生産されるヒット商品が!ここでは宝くじ売り場やゴルフ場に置いてあるプラスチック製使い捨て鉛筆「ペグシル」を日本で唯一製造。誰もが一度は見たことがあるであろう「ペグシル」は開発者の趣味への愛から生まれた一品だった!

<今なお売れ筋!?「ベンサン」のヒミツ>

おしゃれな街の代名詞とも言われる東京・自由が丘の商店街で60年店を構える老舗履物店の売れ筋商品は通称「ベンサン」と呼ばれるビニール製サンダル!丈夫で丸洗いできる便利さからこの店でも1日5足は売れるという昭和の名品を一体誰が買い求めるのか!?一方、奈良・御所の製造所を訪ねると、色や形を変えバラエティーに富んだ約70種のベンサンが生産されていた。今もなお愛され続けるベンサンの魅力とは?スタジオではたけし、太一そしてゲスト二人が実際にベンサンを試す!

ページTOPへ