バックナンバー

  • 2016年10月21日:一般客はお断り!?プロ御用達の店

(ゲスト)
城彰二、遼河はるひ (※順不同)

一般客はお断り!?プロ御用達の店▽美容業界御用達、何でも売ります「美」のデパート▽「ソッパス」&オーダーメイド環境美化商品▽室町から続く「金継ぎ」の匠ワザ
▼月曜は大混雑!なんでも売る美のデパート
▼年3億個!?気にも留めない大ヒット商品
▼よろず「カンキョービカ」を製造する工場
▼傷を美に変える!必見「金継ぎ(きんつぎ)」のワザ


<月曜は大混雑!なんでも売る“美のデパート”>

大阪・道頓堀沿いにビルを構える美容業界御用達の店「岡本商会」。平日の朝にも関わらず店舗前には開店前から人だかりが。会員証が無いと入店出来ないという㊙店内に潜入すると、辺り一面に大量の美容商品が!商品数10万点超えという店内にはどこかで一度は目にしたことのあるあの商品から、プロならではの名品がずらり!ひとつひとつ商品を手に取り選ぶことが出来る「美」の総合デパートは、美容のプロ達の繊細なワザを支えていた!さらにCMのようなサラサラツヤツヤ髪の作り方も公開!

<年3億個!?気にも留めない大ヒット商品&よろず「カンキョービカ」を製造する工場>

奈良・大和高田市のとある工場では、この地の産業品である「靴下」にまつわる一品が製造されていた。レトロなプレス機から作られていたのは靴下を留める小さな金属金具「ソッパス」。誰もが一度は目にしたことがあるソッパスは、国内唯一この工場で年間3億個製造されている。ひとつ1円にも満たない小さな名品が靴下のプロを支えていた!
一方、京都・南区にある「ミズシマ工場」。この工場内には日頃お世話になっているアレがずらり!その商品は身近にある学校、商業施設などで見かけるゴミ箱や傘立て、ベンチなど。この工場では依頼された金属製の環境美化商品だけを制作し、その道のプロにしか売らないといういわばプロ御用達の工場!「多くの人が親しみを持てるように」というモノ作りの秘密とは…。

<傷を美に変える!必見「金継ぎ(きんつぎ)」のワザ>

「金継ぎ」。それは壊れてしまった陶芸器を漆と金を用い修復する、室町から続くモノを大切にする日本ならではの伝統ワザ。栃木・宇都宮にある一軒の民家に向かうと、そこには全国の美術商から依頼が絶えないという金継ぎの名手が黙々と修復作業に取り組んでいた。あえて傷を目立たせ修復することで、陶芸器に新たな命が宿るという金継ぎ。長年の経験による指先の感覚が頼みという匠のワザは必見!!

ページTOPへ