バックナンバー

  • 2016年11月4日:ナンバーワンには理由がある!知られざる日本一

(ゲスト)
南こうせつ、山口恵以子 (※順不同)

NO.1には理由がある!知られざる日本一▽秋の味覚「ぎんなん」・「うずらの卵」製造現場▽シェア60%!自転車ベル工場の技▽独占密着!浅草花やしきのシンボルが消えた日
▼秋の味覚の助演賞!小さな「玉」で大稼ぎ
▼メイド・イン・埼玉!ニューヨークで人気の「鈴」
▼おいちゃんVSおばちゃんの意外な日本一
▼独占密着!浅草から「花」が消えた日


<秋の味覚の助演賞!小さな「玉」で大稼ぎ>

目立たないながらも秋の味覚の名脇役にふさわしい「ぎんなん」。わずか数か月で1億円以上稼ぐという銀杏生産量日本一の街、愛知・祖父江町で銀杏農家に潜入!いちょうの木を特製の竹竿で揺らすと、落ちてくる大量の銀杏! 年間140トン全国に出荷され、大きさや見た目が一味違う祖父江銀杏、その収穫から出荷までの道のりを追った!
一方、愛知・豊橋市もとある名脇役で年間10億円稼ぐ「日本一の街」。その正体はうずらの卵!国内シェア7割を誇るこの街で日本唯一のうずら農協の加工場に潜入すると、何やら不思議な選別作業が人の手で行われていた…。果たして何を見分けていたのか!?

<メイドイン埼玉!ニューヨークで人気の「鈴」>

埼玉・加須市にたたずむ一軒の小さな町工場、そこで製造していたのは「自転車のベル」。ここ「東京ベル製作所」は自転車ベルのトップシェアを誇り、年間およそ100万個製造している。中でも「クリスタルベル」は日本だけに留まらず、海を渡ったアメリカ・ニューヨークでも販売され、現在までに90万個を売り上げている看板商品!世界も注目するヒット商品開発の秘密会議に潜入すると意外なやりとりが…。

<独占密着!浅草から「花」が消えた日>

東京・浅草の「花やしき」はどこか懐かしい日本一歴史のある遊園地。東京ドーム8分の1ほどの敷地に所狭しと遊具が並び、現在も子供から大人まで訪れる客が絶えない。だが老朽化により花やしきのシンボル「Beeタワー」が撤去されることに。56年間浅草のシンボルとして親しまれたBeeタワー解体までの2週間にテレビ独占密着!間もなく姿を消そうとしている思い出のシンボルを一目見ようと多くの人々が見守る中、解体作業は夜を徹して続く。これまで長年メンテナンスに汗を流し、今回解体責任者に選ばれた遊園地職人の想いとは…?

ページTOPへ