バックナンバー

  • 2017年5月19日:アナタの知らないニッポンのお仕事

(ゲスト)
高須克弥、上田まりえ(※順不同)

あなたの給料いくらですか?▽増殖する古民家解体業▽患者はなんと馬!?スーパー歯医者▽止まった時を動かす世界が認めた時計修理人▽経営者&アナウンサー財布の中身は?
▼古材再生の新ビジネス!一人で担う若手の給料
▼全国各地に出張診療!㊙スーパー歯科医の給料
▼たけしVS高須院長㊙おカネの使い方
▼止まった時が動く!世界が認めた職人の給料


<古材再生の新ビジネス!一人で担う若手の給料>

新潟・上越で築150年という古民家の解体を行っていたのは、建築会社「山翠舎」。捨てられる運命だった古材を新たに生まれ変わらせる驚きのビジネスとは?この会社では木材の販売のみならず、古民家の買い取り、解体、移築も行っている。巨大倉庫に潜入してみると、1本2万円~30万円と高値で売れる年季の入った古材が並んでいた。その内の一本の表面を手作業で磨いていくと、木の模様が浮かび上がってきた。この風合いにこだわる顧客に古材の販売を行っていたのは、この会社の若きホープ、27歳の男性。解体の現場監督から倉庫の管理、営業・販売までをも担当するこの男性の給料とは?

<全国各地に出張診療!㊙スーパー“歯科医の給料”>

全国から予約が殺到する歯医者がいるという愛知・豊田市に向かうと、ひとりの女性歯医者さんを発見。この日の診療は自宅から遠い埼玉ということで同行してみると、待っていた患者はなんと馬!?この女性は全国でも数名しかいない馬専門の歯医者さんで、日々全国を飛び回り出張診療を行っている。早速16万円もする馬専用の巨大開口器をはめ、素手を馬の口内に入れ触診を始めた。子供の頃から馬が好きでこの仕事を選んだという41歳の女歯医者さん、一家の大黒柱でもある彼女の給料とは?

<止まった時が動く!世界が認めた“職人の給料”>

東京・銀座にオフィスを構える71歳の社長は、日本でも数少ないとある分野のスペシャリスト。この男性は16歳から55年間に亘り時計修理に携わり、スイスの数々の名門時計ブランドでその技術を磨いてきた。現在5名のスタッフを抱える経営者でありながら、月50本もの時計を自ら修理している。この日修理を行っていたのは、60年物のアンティーク腕時計。時計内部のわずか数ミリの小さな部品を解体していくと、歯車の一部に破損箇所を発見。メーカーでも修復不可能なこの品を直すことは出来るのか?止まった時を動かす、世界が認めた時計修理人の給料はいくら?

ページTOPへ