バックナンバー

  • 2017年6月9日:ニッポンの定番商品!知られざるロングセラー

(ゲスト)
中村芝翫、中野信子(※順不同)

誰もが知っているあの人気商品のヒミツ▽ラッパのマークでお馴染み!独特な臭いが特徴の薬▽年間300本は使う「ゴムの輪」▽月着陸記念イチゴチョコ&懐かしあんこ玉法則
▼信頼の証は…110年前の強烈な「ニオイ」
▼一人年間300本!?ニッポンを束ねる「輪」
▼まもなく50年!月着陸記念の「イチゴ」
▼まもなく90年!子供がハマる「当たり玉」


<信頼の証は…110年前の強烈な「ニオイ」>

一家にひとつは必ず常備されている?ラッパのマークでお馴染みの正露丸は発売から115年を誇る超ロングセラー商品。正露丸の特徴はなんと言っても独特の強烈な臭い、この臭いの正体を探るため大阪・吹田市の工場に潜入。この独特な臭いの正体は、生薬と混ぜる謎の液体だというが、一体どのようなものなのか?さらに、錠剤状にしたあと表面に付けるのはシナモン…?ニッポン人に愛され続ける正露丸、その驚きの製造過程を一挙公開!

<一人年間300本!?ニッポンを束ねる「輪」>

年間生産量は驚異のおよそ340億本!この国民的ロングセラー商品が、大阪・泉佐野市の工場で製造されているということで潜入してみることに。原料は天然ゴム、飴色の顔料と硫黄で、巨大なローラーに投入し練り上げる。成形作業などの工程を経て出来あがったのは…輪ゴム!輪ゴムシェアトップを誇る共和の主力商品が「オーバンド」。100年程前に自転車のタイヤチューブをヒントに生まれ、もはや生活に欠かすことの出来ない輪ゴム。耐久性に優れた商品を生み出すためのこだわりとは?

<まもなく50年!月着陸記念の「イチゴ」&まもなく90年!子供がハマる「当たり玉」>

人類が初めて月面着陸したのと同じ1969年に生まれたのが、ピンクと茶色のツートンが特徴の「アポロチョコ」。板チョコが主流だった発売当時、その特徴的な三角形のチョコレートは多くの子供たちの心を掴み、現在まで長年愛されてきた。おいしさにこだわったイチゴチョコとミルクチョコのヒミツは?この形は何をモチーフに生み出されたもの?アポロチョコのヒミツを大調査!
一方、都内の駄菓子屋でみつけた隠れたロングセラー商品が1個10円の「あんこ玉」。発売から長年経過しても子供たちに人気のワケは、出れば大きなあんこ玉がもらえるラムネで出来た当たりくじの存在。東京・荒川にある小さな町工場に向かうと、わずか5人の従業員が昔から変わらぬ製法であんこ玉を製造していた。懐かしさから大人にも根強いファンが多いあんこ玉、当たりくじが出るまでスタジオで検証!

ページTOPへ