バックナンバー

  • 2017年7月7日:見たことない!?スゴイ映像撮ったゾスペシャル

(ゲスト)
プリンセス天功、岡田圭右、南谷真鈴(※順不同)

プリンセス天功イリュージョン披露!たけしと18年ぶりに何を語る!?▽お宝発見!ナゾの巨大地下施設初潜入▽海に架けよう巨大橋▽ライオンキングの引っ越し▽深海漁師 ほか
▼深海からの使者!フシギな巨大生物
▼地下でお宝続々!ナゾの巨大施設
▼空前絶後!「ライオンキング」の引っ越し
▼プリンセス天功のMAXイリュージョン
▼海に橋を架ける!壮大なスペクタクル
▼名もなき天才が創る!独創的なアート


<プリンセス天功の“MAXイリュージョン”>

テレビ東京では18年ぶりとなる、プリンセス天功によるイリュージョン・ショー!この番組の為に再構成されたスペシャル・イリュージョンとは?初公開のトリックは必見!ビートたけしとプリンセス天功、ふたりのトークも思わぬ方向に…。

<深海からの使者!“フシギな巨大生物”>

今年に入り相次ぐ「メガマウス」の出現で、世間の注目を集める深海魚。今回は日本有数の深海地帯である静岡・駿河湾で漁師歴50年以上という深海魚専門の漁師に密着!早朝4時、船の向かった先は様々な深海魚が生息するという海域ポイント。ここで「はえ縄」を仕掛け、水深400m以上に潜む深海魚を狙うことに。すると見たことのない不思議な姿をした深海魚が続々と姿を現した!深海に住む”ゴジラ!?”の正体とは…。

<地下でお宝続々!“ナゾの巨大施設”>

岩手・釜石市の山中で巨大なコンクリートの壁を発見!山の一角を裂くように建てられたこの巨大建造物のナゾを探るべく、巨大地下施設にテレビ初潜入!トロッコに乗り、たどり着いた地中3000mの暗闇の世界、そこで発見した意外なお宝とは?

<空前絶後!“「ライオンキング」の引っ越し”>

劇団四季を代表するミュージカル作品「ライオンキング」専用の劇場が東京・浜松町にある「春」劇場。だが2020年に向けた都市開発の為、このライオンキングの最終公演をもってこの劇場は取り壊しが決まっている。千秋楽を迎えたこの日、公演終了後の舞台裏へ潜入すると、舞台装置や大道具が解体され、搬出作業が始まっていた。普段は決してみることの出来ない劇団四季の規格外の引っ越しに密着!

<海に橋を架ける!“壮大なスペクタクル>

三重・四日市市では海上橋を建設中だが、海上に建てられた橋脚に、どうやって橋桁を架けるのか?100m近くのアームを持つ巨大なクレーン船で、重さ500tの橋桁を持ち上げる。想像を絶するスケールの大きさの反面、ミリ単位の精度が要求されるこのプロジェクト。来年春の完成へ向けて、およそ50名の作業員が一致団結して繰り出すプロのスゴ技とは?

<名もなき天才が創る!“独創的なアート”>

日本の彫刻界で名を残す加納鉄哉、その弟子が新たに幻想的な作品を生み出しているとの情報を基に、彼の住む岐阜・岐阜市のアパートへ。現れたのは孤高の天才芸術家・山田鉄華、異彩を放つ彼が織り成す「竹の透かし彫り」とは?
一方、東京・浅草にも独自の芸術ワザを持つ職人がいるということで、甘い香りが漂う工房へ。この職人は、何の変哲もない熱した飴を素手で掴み、はさみ一本のみで美しく繊細な作品を生み出していく。子供達にも大人気の飴細工、飴が固くなるまでの5分間が勝負という緻密ワザとは?

ページTOPへ