バックナンバー

  • 2017年9月8日:基準を見ればニッポンがわかる!?

(ゲスト)
西田敏行、高橋真麻(※順不同)

知られざる基準を大公開▽しゃぶしゃぶ食べ放題の原価公開!食べて得する食材は?▽家賃はどうやって決める?査定現場に完全密着▽精密!職人ワザが光る基準の温度計とは
▼高級料理食べ放題!店が潰れない㊙基準
▼あなたの家は適正価格?家賃が決まる㊙瞬間
▼西田流!自由過ぎるアドリブの㊙基準
▼精度はケタ外れ!?高価過ぎる㊙温度計


<高級料理食べ放題!店が“潰れない㊙基準”> 

和食ファミリーレストラン日本一の店舗数を誇る「和食さと」。杉並区・下高井戸にある店舗を訪れると、この日も多くの家族連れで賑わっていた。この店の看板メニューがしゃぶしゃぶとすき焼きの食べ放題で、75種類を超えるプレミアムコースが人気だ。だが、気になる食べ放題の採算方法はどうなっているのか?今回、特別に社外秘の原価を公開!原価を下げ、採算を取るサマザマな工夫とは?

<あなたの家は適正価格?“家賃が決まる㊙瞬間”>

賃貸物件選びの条件、家賃はどうやって決められているのか?家賃査定の基準を徹底調査した!これまでにおよそ1万件の家賃を査定してきたという不動産鑑定士によると、全国的に統一された家賃査定の基準は無く、査定する人によって千差万別の金額が出てしまうという。そこで用いられるのが、日本賃貸住宅管理協会作成の家賃査定表で、同じエリア内にある基準物件を参考に金額が変動する仕組みだ。家賃査定のプロが厳しい目でチェックする査定ポイントとは?

<精度はケタ外れ!?“高価過ぎる㊙温度計”>

生活のあらゆる場面で使われている温度計だが、その基準となるのはお値段なんと160万8000円の「基準温度計」。この基準温度計は目盛りが0.5℃単位で、目盛幅はわずか0.4ミリ。このような細かい目盛を兼ね備えた基準温度計は、どこでどのように使われているのか?一方、この基準温度計を製作する東京・大田区の東亜計器製作所に潜入。精度を維持する為、540本もの目盛りを手作業でガラス管に刻む緻密な職人ワザは必見!

ページTOPへ