10月6日 #1「ウェディングケーキの集合住宅」

建築家 大庭拓也さんが考える未来の集合住宅は、同じ構造の居住ユニットをウェディングケーキのように積み重ねていき、そこに出来た隙間に土を入れていくというもの。つまり山の中に住むというアイディア。
土からは植物が育ち、野菜作りも可能。都市にいながら田舎暮らしのように自然に囲まれた生活を送ることができる。そして土の蓄熱性を利用した輻射空調という、エコな冷暖房も可能となり、大地とつながった生活にはいくつもの利便性があることを提唱している。