11月24日 #8「みらいの授業」

6年後の2020年の未来には、学校では1人1台のタブレットが配られ、ノートの代わりになるといわれている。
川崎にある東芝未来科学館で開催されている「みらいの教室展」ではデジタルノートやデジタル教科書などを紹介しながら未来の授業が体験できる。
・「情景文字認識技術」
英語で書かれた文字にタブレットをかざすと日本語に変換されて表示される。
また、タブレットに表示された音声マークをタッチすると英語の発音を確認することが可能。 ・「恊働学習テーブル」
デジタルノートを使って調べてきた内容を、テーブルに表示させてみんなで学べるテーブル.実験などの数値を書き込んで、横に「グラフ」と書くと、自動で図表に変換することができる。