6月8日 #35「屋上ファーム」

建築物の設計や現場管理を手がける鈴木美紗が考えるのは、未来の農業コミュニティー。農家のつながりを強くし、さらに農業の楽しさを若い世代にも伝えていける生活空間「シェア・リング」。
都市部のビルに「屋上ファーム」をつくるのがポイント。リングの中央には田んぼ、その周りには共同菜園、外側の円には農業に携わる人たちの住宅が建ち並び、田植えや管理・収穫までをみんなで助け合いながら行うことができる。さらに、雨水を利用した貯水槽が設置され、日照りのときも田畑に水を供給できる。
シェア・リングの中には、農作物を作る人や販売する人、収穫した野菜を使った料理を出す店などが入り、この集合住宅に暮らす家庭には、毎年の収穫量に応じた配分量のお米が平等に配布される。
シェア・リングでは、家は別々でも、いつでもすぐに会いに行ける距離に住むことができ、核家族であって核家族ではない、そんな新しい暮らし方も可能となる。