6月29日 #38「電車型ショッピングセンター」

設計士、藤田加惟が考える未来は、列車の車両を利用した、新しいショッピング空間。
ローカル線の列車の待ち時間に、様々な店舗を搭載した列車が到着し、車両の中でショッピングを楽しむことができるようになる。列車に搭載する売り場は、ケーキ屋さんやアクセサリーショップ、輸入雑貨屋、本屋さん…など、多種多様な業種で実施することが可能。
ショッピング列車は、そのまま乗って移動することもでき、車窓の景色を眺めながらショッピングを楽しむこともできる。
終着駅には店舗をのせたショッピング列車が集結し、上層階までリフトアップ。縦方向にも売り場が展開され、駅全体が巨大なショッピングモールとなる。