8月24日 #46「未来のメイク」

長野大学で肌の画像計測について研究する田中法博教授。未来には、現在の化粧品がデジタルコスメに代わるという。
そこで、田中教授が提案するのは「未来のメイク」。メイクが苦手な人、時間のない朝にも、スティック1本で瞬時にフルメイクを完成させることができる。
まず、小さなスティックで顔をスキャンして光反射を計測。骨格や顔色、肌のきめ細かさなどを診断すると、タブレットやスマホと連動して3Dの顔を表示、肌の診断情報を教えてくれる。
さらに、その人の顔に合わせたメイク、冠婚葬祭などTPOに応じたメイクを提案してくれる。メイクするのも、このスティック1本あればOK。専用の化粧液を吹き付けた後、光を照射するだけで、チークやアイシャドウなどを使い分けずに一瞬で自分に似合うフルメイクが完成する。