7月25日 #93 「車載用デバイス」

車載カメラから得られる情報を画像認識プロセッサによって解析する「未来の運転サポートシステム」。運転中、リアルタイムに映像を処理し、自動車周辺の車線境界線・車両・昼間/夜間の歩行者・サイクリスト・標識などを認識することで、車線逸脱警報、前方・後方衝突警報、前方・後方歩行者検出衝突警報、標識認識、鳥瞰表示駐車支援など様々な運転支援をしてくれる。

例えば、速度を出しがちになる上に危険の発見も遅れる夜間の運転時。未来の運転サポートシステムは人の目に見づらい標識や歩行者も正確に認識し、夜間でも昼間のような運転感覚で安全な運転ができる。さらに、道路の制限速度標識を感知して自動的に速度を合わせてくれたり、不注意で車線を超える時にも車線逸脱防止システムがサポートして元の車線に自動で戻してくれる。
将来的には、完璧な自動運転も現実となり、交通事故がゼロになる社会が訪れるかもしれない。