木孝明
西国の小藩・豊後相良藩の下級武士。
“ふぬけ惣三”と呼ばれるが、実は、直心影流を究めた剣の達人。独自の修行で “寒月霞斬り”を習得。
藩主の「密命」を帯びて、江戸へ下り、正義のために奔走する。
達祐実
豪商の札差、冠阿弥の娘。
ちゃきちゃきの江戸っ子。鳶の夫・半次郎と死別した出戻りでもある。 惣三郎が、お杏の窮地を救ったことで、すっかり惣三郎に惚の字。この恋の行方は?
よた真帆
小料理屋「夕がお」の女将。相良藩・江戸留守居役寺村重左衛門の妾腹の娘。
京女のようなたおやかな風情だが、寺村と惣三郎の間に入って連絡係を務めるしっかり者でもある。しのの料理を「美味しい」と、たいらげる惣三郎が、いとおしい。
藤剛
火事始末御用の親方。
大勢の人足を率いて、現場を仕切る。
惣三郎の雇い主。
いち早く、惣三郎がただの昼行灯の浪人ではないことを見抜く。元は武士らしい。
田農
相良藩江戸留守居役。しのの父。
藩からの連絡係。小言親父だが情に厚い。
吹吾郎
め組の頭取。お杏の義理の父親。義理人情に厚い昔気質の常識人。
惣三郎の人柄に惚れこみ、信頼関係を結び、あれこれと手助けをする。亭主と死に別れたお杏のことを想い、惣三郎と一緒になって欲しいと願っている。
本謙次郎
荒神屋のナンバー2。荒くれ者が多い人足たちのまとめ役。酒好きの生粋の江戸っ子で、母親想い。直情的な性格からたまに失敗を起こし、喜八に迷惑をかける面も。仕事場近くの飲み屋「ととや」の女給・お由に恋い慕われるものの、全く気がついていない。
方弘樹
惣三郎の宿命のライバル。惣三郎とともに相良藩・綾川道場の龍虎と呼ばれた剣の達人。