イントロダクション

青春は、限界を超えるとバクハツする

おかっぱ頭の内気で目立たない中学2年生、影山茂夫(濱田龍臣)、通称モブ。勉強もスポーツも人付き合いも苦手で、恋心を抱く幼馴染のツボミちゃん(与田祐希)にも相手にされない。そんなモブには生まれつきある特殊な能力が備わっていた。それは強大な超能力。その能力に目をつけた自称・霊能力者の霊幻新隆(波岡一喜)は時給300円のバイト代でモブを雇い、都合よく利用して悪霊の除霊をさせている。超能力に頼らず普通の生活を送りたいと考えているモブは、平凡な自分を変えたいと肉体改造部へ入部。ツボミちゃんに振り向いてもらおうと必死に努力し始める。しかし、怪しい超能力者たちが現れて周囲で様々な事件が起き、モブも巻き込まれていく。なるべく超能力を使いたくないモブだが、感情が高ぶり「100%」に達すると爆発する。壮大な超能力バトルとモブの成長を描く青春ドラマ。

原作:ONEコメント

実写ドラマになるなんてとても嬉しいです!
漫画版ともアニメ版とも違う、新しいモブサイコが見られそうで今から非常にワクワクしています。

監督:坂本浩一コメント

まさか『モブサイコ100』が実写化になるとは思いませんでした。原作、アニメファンがすごく多い作品なので、僕たちもどうやってドラマ化すればいいのかスタッフ、キャスト一丸となってファンの方からも支持いただけるような作品を目指しています。原作を知らない人もそうですし、原作ファンも含めて、ぜひ皆さんに見ていただきたいと思います。
独特な世界観をどう上手に現実世界に落とし込んでいくのかが一番悩みました。しかし、衣裳合わせから始まり、現場で撮影を始めると、「お、これはいけるぞ」という自信に変わりました。濱田君とは『ウルトラマンジード』に続き2回目の作品ですが、モブをやるにあたっても、濱田君ならではの面白さ、かわいらしさを出してきてくれています。波岡さんは表情やしぐさ一つとっても “霊幻がいる”と思えるような形に表現してくれています。ファンの方が見たらビックリすると思います。与田さんも不思議な魅力を持った女の子で、独特の空気感がツボミちゃんにすごくマッチしています。
『モブサイコ100』今までにないようなドラマになっていると思います。コメディーでありシリアスでもあり、青春物語でもあり、成長記でもあり、様々なものがミックスされています。濃いキャラクター達が集まったことによって生み出される実写化ならではの面白さをぜひ楽しみにしていただきたいと思います。

プロデューサー:小林史憲 (テレビ東京)コメント

これまでにない革新的な深夜ドラマを作る。そんなコンセプトでテレビ東京はNetflix とタッグを組んで今年の春から企画を練ってきました。第4弾として選んだのは「モブサイコ100」。圧倒的な人気を誇る原作コミックスの実写化です。原作でまず目を引くのは、凄まじい迫力の超能力バトルシーン。今回、ドラマでもそこに一番力を入れています。特撮やVFX を駆使して、原作に負けないスケール感を目指しています。また、原作が面白いのは、激しいバトルシーンの裏で主人公モブの成長がしっかりと描かれているところだと思います。誰でも経験したことがあるような、思春期の悩みや葛藤。自分にはない能力や強さへの憧れ。そうした青春物語としての面白さを大切にして、実写ドラマならではのよりリアルな描写にできればと考えています。モブサイコ 100 の独特な世界観を表現してくれるのは、主演の濱田龍臣さんと坂本浩一監督です。実は2人は現在放送中のウルトラマンジードのコンビです。特撮やアクションを得意とする2人が、大人が鑑賞する深夜ドラマのエッセンスを加えてどんな作品に仕上げてくれるのか?ぜひご期待ください。来年1月、衝撃のサイキック青春グラフティが開幕します!

主題歌

“Thinking Dogs”「愛は奇跡じゃない」

番組概要

番組名:木ドラ25「モブサイコ100」
放送日時:2018年1月18日スタート 毎週木曜深夜1時~1時30分
Netflix配信:2018年1月12日スタート
BSジャパン放送日時:2018年1月23日スタート 毎週火曜夜11時~11時30分
出演:
濱田龍臣 波岡一喜
与田祐希 望月歩 荒井敦史 山谷花純 長濱慎 白戸達也
大塚明夫(声) / モロ師岡
原作:裏少年サンデーコミックス『モブサイコ100』ONE(小学館)
脚本:吉田玲子、国井桂
監督:坂本浩一
音楽:坂部剛
主題歌:Thinking Dogs「愛は奇跡じゃない」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
チーフプロデューサー:大和健太郎
プロデューサー:小林史憲、中野剛
共同プロデューサー:成田岳
コンテンツプロデューサー:滝山直史、二瓶朔也
In association with Netflix
制作:テレビ東京/東映ビデオ
製作著作 :ドラマ「モブサイコ100」製作委員会

原作情報

裏少年サンデーコミックス『モブサイコ100』ONE(小学館)
既刊第1〜15巻、絶賛発売中。

ページトップに戻る

おすすめドラマサイト