ニュース
12月15日

日銀短観 景況感 5期連続でプラス

日銀はきょう12月の短観を発表し、企業の景況感を示す業況判断指数は5期連続のプラスとなりました。海外の経済が好調なことを追い風に輸出が堅調でした。大企業製造業の業況判断指数は前回の9月調査から3ポイント改善し、プラス25となりました。2006年12月以来11年ぶりの高い水準となります。自動車やIT企業関連の設備投資がのびたことや、銅や亜鉛など非鉄金属の価格が改善したことがプラス要因となりました。しかし、3ヵ月後の先行きについては緊迫する北朝鮮情勢への懸念や、人手不足に伴った人件費増加への警戒感から6ポイントマイナスのプラス19と慎重な見通しとなりました。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースアーカイブ
前の日
マーケット

12月15日

あなたの撮った動画がニュースに!!:テレビ東京 ニュース投稿