ニュース
10月13日

反イスラエル姿勢に反発 米 「ユネスコ」から脱退発表

アメリカのトランプ政権は12日、ユネスコ=国連教育科学文化機関から脱退すると発表しました。組織改革の必要性や反イスラエル的な姿勢が脱退の理由だとしています。アメリカ国務省は、脱退の理由を抜本的な組織改革の必要性に加えてユネスコの姿勢が反イスラエル的であることへの懸念を反映したものだと説明しました。脱退の時期は、来年12月31日付としています。アメリカの脱退決定を受け、ユネスコのボコバ事務局長は、「強く遺憾に思う」とする声明を出しました。ユネスコは、2011年にパレスチナの正式加盟を承認していて、アメリカはこれを受け、ユネスコの年間予算のおよそ22パーセントを占める分担金の拠出を停止していました。ユネスコは去年、世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」の保護に関する決議を賛成多数で採択しましたがこれについてもアメリカは不満を抱いているとみられます。アメリカの脱退表明を受けイスラエルのネタニヤフ首相も、ユネスコから脱退するとの声明を出しました。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースアーカイブ
次の日
前の日
マーケット

10月20日

あなたの撮った動画がニュースに!!:テレビ東京 ニュース投稿