最新ニュースと株価情報 Mプラス11

月~金 午前111311 35

過去最多 認知症で行方不明 5年で1.6倍 6月14日(木)

認知症が原因の行方不明者が、5年で1.6倍以上増加し、過去最多となりました。警察庁によりますと、2017年に認知症かその疑いが原因で行方不明になったとして警察に届け出があったのは、前の年より431人多い1万5,863人だったことがわかりました。統計を取り始めた5年前と比べると、およそ1.65倍に増加し、過去最多を更新しました。全国の警察は行方不明者を早期に発見しようと自治体と情報を共有するなど対策を進めています。

バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

最新ニュースランキング