専門家の見方
3月28日

【プロの眼】配当取りの買いは期待薄

3月28日は配当や株主優待などの権利付き最終日。配当取りを狙った資金が流入して株価の支えになると期待されます。しかし権利付き最終日の特殊要因を期待し過ぎると肩透かしを食う恐れがあるので注意が必要だという見方もある。その理由についてマネックス証券の広木隆氏が解説する。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家の見方アーカイブ
前の月

モーサテ朝活セミナー

※Twitterの状況により内容が表示されないことがあります