専門家の見方
2016年12月1日

【プロの眼】OPEC総会を読み解く

サウジアラビアの主導で減産について検討していたOPEC。総会が11月30日オーストリアのウィーンで開かれ日量120万バレルの減産を決定しました。その結果を受けた原油相場の行方をマーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘氏に聞きます。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
専門家の見方アーカイブ
次の月
前の月

モーサテ朝活セミナー テレビ東京ビジネスオンデマンドでセミナー内容を配信中!

※Twitterの状況により内容が表示されないことがあります