【プロの眼】原油価格の下落リスクを読み解く 4月21日(金)

FRBが利上げペースを加速する、国債やMBSへの再投資停止でリスク資産価格が下落する、中国の住宅バブルが急速に失速する、循環的に米国の景気が減速するという可能性はゼロではない。基本は需要回復で需給が改善し、年末に向けて原油価格上昇がメインシナリオであるが、下期に向けて需要が減速、そして価格が下落する中 収入を確保するために増産競争が起き価格が急落というシナリオも否定しない。その場合、原油価格は40ドル程度までの下落を想定する必要があるだろう。解説はマーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘氏。

プロの眼 バックナンバー

プロの眼 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!

最新ニュースランキング