特集
3月23日

特集トーク「トランプ政権 重要政策の遅れが現実味?」

トランプ政権が発足してから2ヵ月が経ちましたが、上院の承認が必要な政治任命職の多い省庁の多くは、官僚とごく一部の高官のみが就任する機能不全の状態だと言います。また数少ない幹部の間でも亀裂が鮮明になっていて、今後の政策の決定に大幅な遅れが生じる可能性があるといいます。解説は丸紅の今村卓氏。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
特集アーカイブ
前の月

モーサテ朝活セミナー テレビ東京ビジネスオンデマンドでセミナー内容を配信中!

※Twitterの状況により内容が表示されないことがあります