NY株反発 ダウ56ドル高  5月19日(金)

放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド

きのうのニューヨーク市場の下落から始まった世界的な株安ですが、ニューヨーク市場では、株価3指数が揃って反発しました。FBI前長官の議会証言が決まるなど、トランプ大統領をめぐる事態は好転しているわけではありません。それにもかかわらず、アメリカの株式市場のムードは一変。小売り大手の好決算や良好な経済指標など、株価を支える材料もありダウは一時150ドル以上上げました。このところの高値圏からおよそ1ヵ月ぶりの水準まで急落したことで、市場関係者の間では絶好の買いのチャンスが来たとの声も聞かれました。株価の終値を確認します。ダウは56ドル高の2万663ドル。ナスダックは43ポイント上昇の6,055。S&P500は8ポイントプラスの2,365でした。続いて18日のセクター別騰落率です。アメリカの携帯電話大手、Tモバイルとスプリントの統合の可能性が高まっているとの観測が浮上。電気通信を押し上げました。

マーケット バックナンバー

マーケット 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!

最新ニュースランキング