NYダウ 小幅安 11月15日(水)

きょうも目立った買い材料が見当たらない中、中国の経済指標が低迷したことの余波がアメリカにも影響しました。原油価格の下落や中国経済の成長鈍化の懸念が、素材など資源関連株の下落を招き、相場の足を引っ張っています。ムニューシン財務長官が法人税の税率20%については妥協しない姿勢を示したことで、「議会との調整がうまくいくのか?」といった不安が広がり税制改革の行方に懐疑的な目が向けられていました。株価終値です。ダウはドル30安の2万3,409ドル、ナスダックは19ポイント下落の6,737、S&P500は5ポイントのマイナスの2,578でした。

マーケット バックナンバー

マーケット 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!

最新ニュースランキング