NYダウ 反発 5月17日(木)

米朝会談に関する不透明感、そして、取引時間中3.1%に接近した長期金利はあまり材料視されず、小売りの好決算などを支えに三指数はそろって反発しました。終値を確認します。ダウは62ドル高の2万4,768ドル、ナスダックは46ポイント上昇7,398、S&P500は11ポイントプラスの2,722でした。セクター別騰落率です。上昇率トップは素材。そして小売りを含む一般消費財、生活必需品と続きました。一方、公益、不動産が下げています。

マーケット バックナンバー

マーケット 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!

最新ニュースランキング