ニュース
1月19日

米FRBイエレン議長 「年2-3回の利上げが適当」

FRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長は先ほどサンフランシスコで講演し「2019年までは年2-3回の利上げが適当」との認識を示しました。イエレン議長は講演で「雇用の改善と物価の上昇は目標に向かっている」と指摘した上で「2019年までは年2-3回の利上げが適当」との認識を示しました。またFRBの幹部や12の地区連銀総裁の考えは一致していると強調しました。一方で、労働生産性が過去30年間とは対照的に年に0.5%しか伸びていないことを指摘し、注視する必要があるとしています。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースアーカイブ
前の日

※Twitterの状況により内容が表示されないことがあります