ニュース
3月21日

グーグル 過激動画への広告で謝罪

アメリカの検索大手グーグルは20日、ユーチューブ上の反ユダヤ主義やテロを煽る過激な動画に、大手企業の広告を載せていたことについて謝罪しました。広告はイギリス市場向けに出されていたもので、フランスの化粧品大手ロレアルやイギリスの金融大手ロイズなど、複数の企業に広告中止の動きが広がっていました。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースアーカイブ
次の日
前の日

モーサテ朝活セミナー

※Twitterの状況により内容が表示されないことがあります