G20閉幕 共同声明「貿易摩擦 成長リスク増大」 7月23日(月)

G20=20の国と地域の財務相・中央銀行総裁会議は22日、「貿易摩擦が成長に対するリスクを増大させた」とする共同声明を採択し、閉幕しました。共同声明では「貿易や地政学的な緊張などが世界経済の成長に対するリスクを高めている」として、「対話を強化する必要がある」としています。2日間に渡った今回の会合では、フランスのルメール財務相が「すべての国が敗者となる貿易戦争に巻き込まれていて、アメリカが良識を持つよう求める」と訴えるなど、ほとんどの参加国から懸念が示されていました。一方、共同声明で通貨政策については主要国の金融緩和からの脱却などによる新興国の通貨安や資本流出についても触れ、警戒感を示しました。また、中国が人民元安を容認しているとの見方もある中、麻生財務大臣が中国に対し、通貨政策の透明化を求める場面もありました。ただ、中国側は意図的な誘導は否定しました。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!

最新ニュースランキング