NY便り
1月16日

次期FRB議長候補 ハバード氏が占う金融政策の行方

今週、大統領に就任するトランプ氏は、これまで、FRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長に対する批判を展開し、イエレン議長の再任はないとの観測が広がっています。後任の候補として名前が挙がっているのが、 スタンフォード大学のジョン・テイラー教授で、適切な政策金利の水準を導くとされる「テイラー・ルール」で知られた人物です。そしてもう一人の有力候補が、ブッシュ政権でCEA=大統領経済諮問委員会の委員長を務めたグレン・ハバード氏です。そのハバード氏に金融政策の行方について聞きました。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
NY便りアーカイブ
前の月

※Twitterの状況により内容が表示されないことがあります