特集
2月19日

マレーシア警察が初めて会見 容疑者4人が北朝鮮国籍

北朝鮮の金正男氏が殺害された事件でマレーシア警察は先ほど事件発覚後初めて会見を開き、容疑者4人は北朝鮮国籍だと明らかにしました。マレーシア警察は会見でキム・ジョンナム氏殺害に関わったとみられる男たちの身元を公表し容疑者4人が北朝鮮国籍だと明らかにしました。4人は、事件当日の13日にマレーシアを出国していて行方を追っているということです。また、マレーシア警察はこれまでに実行犯の女2人と男2人の合わせて4人を逮捕した上で協力者を含め10人以上が事件に関わっているとみられると明らかにしました。また、ジョンナム氏の死因は「調査中」としながらも毒物によるものとの見方を示しました。マレーシア警察がきのうジョンナム氏の殺害に関与した疑いで逮捕した1人は北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者です。地元メディアによりますとリ容疑者は少なくとも1年以上マレーシアに住んでいて、抗がん剤などを扱う薬品会社に勤めていました。専門は化学分野で、毒物などについても深い知識があるとみられます。警察はジョンナム氏殺害に使われた薬物とリ容疑者の関係について慎重に調べを進めています。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
TXNニュースアーカイブ
前の日