金正恩氏、日朝対話に意欲表明 4月29日(日)

韓国大統領府はきょう、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が南北首脳会談の際に、日本との対話に意欲を示したことを明らかにしました。韓国大統領府によりますと、文在寅大統領が安倍総理大臣との電話会談で、金委員長が南北首脳会談の際、「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたことを伝えたということです。これに対し、安倍総理は「日本も北朝鮮と対話する機会を設け、必要ならば文大統領に助けを求める」と表明し、文大統領も日朝間の対話の橋渡しを「喜んで引き受ける」と述べたということです。また、安倍総理は文大統領が北朝鮮に対し拉致問題についても提起したと明らかにしました。一方、アメリカのトランプ大統領は28日、ミシガン州で演説し、6月上旬までに開催が見込まれていた北朝鮮との首脳会談について来月中にも開催されるとの見通しを示しました。

バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

最新ニュースランキング