特集
6月27日

一億総プログラマー時代?

一億総プログラマー時代?

政府は2020年に、コンピューターのプログラミング教育を必修化する方針を決めました。プログラマーを養成することが目的ではなく、「プログラミング的思考」を身につけることで、物事を順序立てて論理的に考える力や、アイデアを具体的に形にする創造力を養う狙いがあります。しかし、必修化に向けてはさまざまな課題があります。教える側の人材不足に対応しようと、サイバーエージェントグループのCAテックキッズは、未経験者の主婦が講習を受けて、自宅で教室を開くホームティーチャーを始めました。今後も小学生にプログラミングを教えることができる人材が不足するとみて、全国に教室を広げる考えです。また、教材の開発も進んでいます。ヤマハは音楽制作ソフト「ボーカロイド」を子供の教材用の教材に改良しました。小学生でもタブレットを使って曲づくりができます。作曲という作業を通じて、プログラミング的思考力を養うことができるといいます。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
特集アーカイブ
前の月

PICK UP NEWS