自分につながる経済ニュース WBS

見え始めたマイナス金利の効果 5月4日(木)

日銀がマイナス金利政策を導入して約1年、銀行の融資拡大という本来の効果が出始めている。北國銀行はクラウド型会計ソフト「フリー」を導入し、創業向けの融資額を16億円増やした。フリーは請求書や領収書などを自動で項目別に仕分けるため、企業の運転資金や経営コストなどを瞬時に把握し、融資における貸し倒れのリスクを抑えることができる。一方、フリーを導入した企業にとっては会計士に依頼するより早く経営情報が手に入るため、経営を見直し、業績向上につなげることが可能だ。現在、北國銀行はフリーと共同開発し、フリーにリアルタイム経営シグナルという新しいシステムを加えようとしている。リアルタイム経営シグナルでは、膨大な量の経営情報が変化した場合、人工知能が通知する仕組み。北國銀行は情報の見逃しを防ぐことで、融資のリスクを抑えつつ、融資を増やしていく方針だ。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら