自分につながる経済ニュース WBS

“ネット通販”の弱点? 曖昧な要望に応える 7月19日(水)

スマートフォンアプリの「スタイラー」。2015年、元アマゾンの事業開発者が立ち上げたアプリです。このアプリは、「普段使いも結婚式にも着ていけるシャツが欲しい」などと投稿すると、曖昧な質問でも、提携している実店舗の店員が「これはどうですか?」と提案してくれるというもの。気に入ったら、ネット上ではなく、店に行って、購入するという仕組みです。大手アパレルショップでも、客がいない空き時間にネット上で、集客ができ、効率的な働き方に繋がるとスタイラーを取り入れています。また知名度の低い小さな店舗でも、人気店と肩を並べて提案ができると導入が相次いでいます。店に来てもらうことで、当初の予定以上の購入を促すこともできます。ネットを活用した店と客を繋ぐ取り組み。新たな集客の鍵となるのでしょうか。

取材先
・STYLER
・store a
・アメリカン ラグ シー 名古屋店

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら