自分につながる経済ニュース WBS

【白熱!ランキング】住みたい穴場の街 2017年11月15日(水)

おしゃれな街やあこがれの街などがある中、今回は便利なのに家賃が割安な「穴場の街」のランキング。同率9位には和光市と綾瀬がランクイン。注目は8位に入った川崎。去年の50位から大幅にランクアップした。駅には商業施設が隣接し、交通の便もよい。しかしランクアップ最大の秘密は家族連れ。川崎市は子育て支援に積極的なことが、子育て世代を引きつけていた。7位から3位には山の手線の北側沿線がランクイン。山手線でもちょっぴりマイナーな街を好むのは、主に30代から40代の一人暮らしの男性だという。1位には北千住がランクイン。いま北千住には次々と大学のキャンパスが誕生。5つの大学、約1万人の学生が学んでいる。若者が増えた結果、店がおしゃれになり、街が大きく変わってきたのだ。住みたい街はどんな街なのか、いま人々にも変化が現れている。SUUMOの池本編集長は「等身大の街」を住みたい街としてあげる人が増えているという。

取材先
・リクルート住まい カンパニー
・明珠

白熱!ランキング バックナンバー

白熱!ランキング 一覧ページへ

  • まあさのトレたま日記 WBS 公式twitterにて公開中
  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら