自分につながる経済ニュース WBS

【ロングセラー研究所】マ・マー スパゲティ 9月12日(火)

忙しい主婦の味方「マ・マーのスパゲティ」は、実は日本にパスタを普及させるきっかけを作ったブランド。日本で初めて機械で大量生産されたスパゲティだ。1950年代、戦後復興が進み生活の欧米化が進んだが、パスタはまだ貴重だった。そんな中で、栄養価が高く腹持ちの良いパスタを日本に普及させたいという思いから、マ・マーマカロニの前身となる日本マカロニが誕生。イタリアからパスタ製造機を取り寄せて生産を開始した。しかし、素人集団のためパスタづくりは困難の連続。1956年に製品化させたが、食べ方を知らない客から怒られることも。そこで、スパゲティを知ってもらうため、実演販売や宣伝カー活用など普及活動に努めた。結果、販売量は10年で10倍に。その後も本場の小麦を100%使用したり、麺の形を変えゆで時間を短縮させたりと、常に一歩先を行く姿に進化させてきた。新主力商品の早ゆでシリーズも順調に市場シェアを伸ばしている。

取材先
・マ・マーマカロニ

ロングセラー研究所 バックナンバー

ロングセラー研究所一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら