自分につながる経済ニュース WBS

治る!最前線第57回 負担の少ない大腸がん最新治療 2016年3月30日(水)

日本人の2人に1人がかかると言われる「がん」。中でも女性の死亡原因1位なのが「大腸がん」。そんな大腸がんに対する新しい治療法が登場している。これまで大きくお腹を切り開き行っていた外科手術は、腹腔鏡という治療用のカメラを駆使することで、小さな傷で行えるようになった。そんな腹腔鏡を使った手術の中でも、さらに体への負担を少なくできると言われているのが「単孔式腹腔鏡手術」だ。一方、大腸がんのリスクとなるのが、がん化する恐れのある「大腸ポリープ」の最新の切除法も登場している。恐ろしい大腸がんの治療現場の最前線を取材した。

取材先
・関西労災病院
・昭和伊南総合病院

治る!最前線 バックナンバー

治る!最前線 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら