自分につながる経済ニュース WBS

残念さん 集まれ! 11月10日(金)

東京・池袋のサンシャイン水族館で始まった「ざんねんないきもの展」。一生懸命なのに、どこか残念…。そんな生き物たちが22種類展示されています。青い舌が特徴のアオジタトカゲは、敵を威嚇する時に自慢の舌を伸ばしますが、全く効果がありません。目があまり見えないジャコウネズミの子どもたちは、前を行く仲間の尻に鼻をつけて1列になって歩きます。しかし、先頭の母親が敵に食べられると、全員食べられてしまいます。カエルアンコウは、魚なのに泳ぎが苦手。水の中をフラフラと漂って移動します。たまに歩いて移動することもありますが、非常にゆっくりなので、泳ぐのとあまり変わりません。こうした残念な生き物がブームになっているということで、関連書籍がシリーズ累計で120万部を突破しています。ブームは広がり続けるのか。イベントは来年4月まで開かれます。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら