WBSニュース
8月24日

日産が国内メーカー初 自動運転車は普及するのか

日産が国内メーカー初 自動運転車は普及するのか

日産自動車はミニバンの「セレナ」を6年ぶりにフルモデルチェンジし発売しました。国産車で初めて、ミニバンでは世界初となる自動運転技術「プロパイロット」を標準装備した限定モデルは291万6,000円から。ファミリー層にも手が届く価格設定です。自動運転車の普及を目指す日産ですが、自動車ジャーナリストの鈴木ケンイチ氏は「新しい技術を客に理解させるために販売の現場でしっかり説明する必要がある」と指摘します。販売店では客1人1人に対して、自動運転についての丁寧な説明を行っています。また、具体的に理解してもらうために、運転中の映像を見せるなど力を入れています。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
WBSニュースアーカイブ
前の日

注目ニュース

ニュース

PICK UP NEWS