WBSニュース
5月31日

内閣不信任案を否決

内閣不信任案を否決

民進党や共産党など野党4党がきょう、安倍内閣に対する不信任決議案を提出しましたが、与党などの反対多数で否決されました。一方、自民党と公明党はきょう、消費税の増税を2年半先延ばしする安倍総理の方針をめぐり、それぞれ党内で議論し、安倍総理の考えを容認することを確認しました。ただ、与党内からも社会保障の財源や、消費増税を先送りした2年前の衆議院解散の際の安倍総理の説明について、「整合性のある説明をすべき」との意見もあがりました。安倍総理はあす夕方に会見を開き、新興国経済の陰りなどを理由に、消費増税を2年半先送りして、2019年10月に10%へ引き上げる方針を国民に説明する予定です。課題となる社会保障の財源の確保や財政再建の目標について、安倍総理が納得のいく説明を出来るかに注目が集まります。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
WBSニュースアーカイブ
前の日

注目ニュース

ニュース

PICK UP NEWS