WBSニュース
6月29日

英EU離脱の衝撃! イギリス不在のEU、議論の行方

英EU離脱の衝撃! イギリス不在のEU、議論の行方

ベルギー・ブリュッセルのEU=ヨーロッパ連合本部で29日、EU首脳会議が開かれました。2日目となるこの日は、英キャメロン首相が不在の中、各国首脳がEUと英国の今後の関係などについて議論。またEU議会では、ヨーロッパ委員会のユンケル委員長と、イギリス独立党のファラージ党首が舌戦を繰り広げる場面も。一方、イギリスに帰国したキャメロン首相は、議会でEU離脱の影響について説明。なるべくEU市場とのつながりを確保し、自動車などの産業を守る姿勢を示しました。また、英EU離脱問題は日本の産業にも様々な形で影を落としています。ある千葉の園芸卸会社は、欧州への植木の輸出について「EU共通の検疫ルールが、イギリスだけ変更されると困る」と指摘。またイギリスの不動産に投資する日本企業にとっては、今後ロンドンの機能が低下すれば、不動産市況の悪化やオフィス需要の減退につながるのではないかという懸念も出ています。

mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
WBSニュースアーカイブ
前の日

注目ニュース

ニュース

PICK UP NEWS