自分につながる経済ニュース WBS

IT見本市で日独が急接近 3月20日(月)

世界最大級のIT見本市=セビットがきょう、ドイツのハノーバーで開幕しました。3千を超える企業が出展するイベントですが、今年はトヨタ自動車が初めて出展するなど、日本は、一国として過去最大の出展スペースを確保しました。日本とドイツはIT・デジタル分野での連携を強化する方針です。急接近のわけは、アメリカのトランプ政権やイギリスのEU離脱で示される、保護主義の動きです。安倍総理とドイツのメルケル首相は先ほど共同会見を開き、アメリカが進めるような保護主義的な動きには結束して対応し、今後は連携して自由貿易の重要性などをアメリカに働きかけていくことで一致しました。ただ、メルケル首相に就任して12年目を迎えますが、サミットを除けば日本に来たのはわずか2回で、日本の景気対策のための財政出動にも冷ややかです。今後、日・EU間のEPA=経済連携協定の早期締結などで結果を出せるか、両首脳の本気度が問われています。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら