自分につながる経済ニュース WBS

米メディア報道 トランプ大統領 捜査介入か 5月17日(水)

アメリカのトランプ大統領がFBI=連邦捜査局に元側近に関する捜査の中止を求めていたと、アメリカの主要メディアが一斉に報じました。先週解任されたFBIのコミー前長官が残したメモから発覚したもので波紋が広がっています。報道によると、トランプ大統領は今年2月、側近だったフリン前大統領補佐官に対するFBIの捜査について、当時のコミー長官に「フリンを自由にしてほしい。彼はいいやつだ。放っておいてくれたらと願っている」と、捜査を中止するよう頼んだというのです。要請は、フリン氏が駐米ロシア大使との関係を巡り辞任した翌日の夜のこと。大統領による捜査への介入と考え、幹部と内容を共有したというコミー長官も先週、突然解任されました。ホワイトハウスは報道を全面的に否定しましたが、一連のロシア疑惑に与党・共和党内からも懸念が強まり、アメリカ下院の委員会は、FBIに大統領とのやりとりの提出を求めました。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら