自分につながる経済ニュース WBS

オランダから日本上陸 快走!電動アシスト自転車 5月18日(木)

19日、オランダのブランド「VanMoof(バンムーフ)」が日本向けの電動アシスト自転車を発表しました。バッテリーが内蔵されたスタイリッシュなデザインです。スマホとも連動していて、手でタッチするだけでロックを解除できます。日本では、子どもがいる母親が使うことが多いですが、バンムーフは長距離用を作ることで今までにないユーザーを狙います。国内では、スポーツタイプの電動アシスト自転車の人気が高まっていて、東京・渋谷区の「代官山モトベロ」では去年は1ヵ月に5台程度の販売だったのが、今年は約20台売れていると言います。この日も台湾のブランド「BESV(ベスビー)」の自転車や、ヤマハ発動機が去年投入した「YPJ-C」が売れていました。ヤマハのYPJ-Cは、スポーツタイプとしての性能も突き詰め、18段変速が可能です。担当者は「新しいライフスタイルの提案をしていきたい」と意気込んでいます。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら