自分につながる経済ニュース WBS

ヤマトHDは営業赤字 “宅配危機”に救世主!? 7月31日(月)

ヤマトホールディングスが31日発表した今年4~6月期の連結決算は、ネット通販の拡大などを背景に売上高は3,554億円と前年から4%増えた一方、営業利益は100億円の赤字となりました。追加の未払い賃金として52億円を計上したほか、配達を外部委託した費用がかさんだためです。働き方改革などの一環で運賃の値上げを進めていますが、荷物の取扱量の削減につながらず、業界全体の先行きを懸念する声も上がります。こうした物流業界の現状に一石を投じるサービスも始まっています。“物流版ウーバー”ともいわれる「ピックゴー」。荷主と個人事業主を直接、つなぐサービスです。複数の運送会社を経由しないことで中間マージンを取られず、ドライバーが実労働に見合った収入を得ることができるといいます。開発したベンチャー企業、CBクラウドの松本隆一CEOは「ドライバーの仕事を変えることが私たちのミッション」と利用拡大を狙います。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら