自分につながる経済ニュース WBS

“日本の食品”輸出EXPOが開幕 10月11日(水)

千葉市の幕張メッセで、日本の食品を海外に売り込むための初めての展示会が11日に開幕しました。300社が出展し、70の国と地域から1,500人以上のバイヤーが参加しました。みその輸出をいち早く始めた「ひかり味噌」は海外で展開するために多くの認証マークを取得しています。取得のために多額のコストがかかりますが、日本よりも伸び率が高い海外市場を狙います。こだわりの豆腐を展開する「相模屋食料」はこれまで、豆腐の賞味期限が短いために輸出ができていませんでした。そこで豆乳を発酵させてチーズのようにした「ビヨンド豆腐」を新たに開発しました。近畿大学と共同で「近大マグロ」を生産する「豊田通商」は、近大マグロの輸出を本格的に始めます。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら