自分につながる経済ニュース WBS

日本企業が製造 テロ対策の車止めに注目 10月11日(水)

フランスのニースや、スペインのバルセロナで起きたテロなど、車両を人ごみに突入させる事案への脅威が高まっています。神奈川県小田原市のコーエイ工業は、テロ対策用の車止め=「テロ対策ボラード」を製造しています。実証実験で時速80キロのトラックを突っ込ませたところ、トラックは大破、ボラードは損傷しないという堅牢さを見せました。性能が評価され、アメリカの国務省のほか、日本では中部国際空港や発電所などで採用されたといいます。愛知県豊田市の未来モデル都市「とよたエコフルタウン」では、都市向けのボラードの活用方法を検証しています。通行許可を得たバスが接近すると自動でボラードが降りて通過させたり、高速走行する車両を検知するとボラードが上がって徐行させたりします。2020年の五輪に向けて、注目度はさらに高まりそうです。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら