自分につながる経済ニュース WBS

フリマアプリ コメ兵が“鑑定力”で参入 11月7日(火)

中古品ブランド店最大手のコメ兵は、フリマアプリ「KANTE」のサービスをきょうから開始したと発表しました。売り手は商品をスマホで撮影、商品の情報を入力し出品します。売買する商品はブランド品に特化し、価格設定も1万円以上としました。コメ兵が得る手数料は10%から15%で、販売価格に応じて変わります。このアプリの最大の特徴は購入者側で商品の鑑定依頼ができることです。鑑定を希望すると出品者がコメ兵に商品を送り、鑑定の結果、偽物と判断されれば出品者に送り返され、本物と判断されれば商品は購入者のもとに届きます。フリマアプリに関しては、偽ブランド品の出品が問題となる中、コメ兵は、70年間リユースを続けてきた中で得た「鑑定力」を武器にユーザーの不安の払拭し、中古品の流通をさらに活発化させる狙いです。コメ兵の石原社長は「1社でやることは限られるが、業界を明るくしていくためにもこれからが勝負」と話しました。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

最新ニュースランキング

WBS公式アカウントはこちら