月~金111158

特集

中国本社を独占取材 ファーウェイ 強さと課題 11月28日(火)

シェアする

中国本社を独占取材 ファーウェイ 強さと課題

ここ数年で世界3位のスマートフォンメーカーに急成長したファーウェイは、中国のシリコンバレーと呼ばれる広東省深センで1987年に創業。その本社にWBSのカメラが入り、コンシューマー部門のリチャード・ユーCEOが取材に応じました。ファーウェイの強みは研究開発への莫大な投資です。売り上げの10%以上を充てていて、2017年は130億ドル(約1兆4,000億円)に上る見込みです。そして研究開発を担う人材にも積極的に投資していて、人材募集ページには年収1,000万円以上の職が並びます。その一方で、能力が低く目標を達成できない、下から5%の人材は淘汰する制度を取っていると言います。今後は、これまでの低価格中心の製品展開から、ハイエンド・ブランドへの脱皮が課題で、アップルのiPhoneやサムスン超えを狙います。

取材先
・ファーウェイ

シェアする

特集 バックナンバー

経済の底流で今、何が起きているのか。WBSが深堀します

ページトップへ